ナンヤン・ビジネススクール(NTU)を知る 日本人ブログ+留学情報まとめ

MBAイベント最新情報 in Tokyo
更新中
ねこ君
やっぱりMBAと言えばアメリカ?トップスクールってほとんどアメリカの学校なんでしょ?

にゃんこ先生
もちろん、数で言えばアメリカが多いんだけど、アジアにもいい学校が多数ある。今後アジアでキャリアを展開していきたい人にとっては、やはりシンガポール、中国大陸・香港でネットーワークがあるのは価値あるだろう。

にゃんこ先生
シンガポールというと、国立大学(NUS)がすぐ浮かんでくるかもしれないが、実はナンヤン工科大学(NTU)も同じく、アジアで先頭を走っている一校だよ。

にゃんこ先生
このシリーズでは、海外MBAの情報をまとめていく。

にゃんこ先生
今日は、ナンヤン・ビジネススクール特集!

海外留学や海外MBAを目指すうえで重要なのは学校選び。

しかし、海外の学校を選ぶうえで、一つ大変なのは情報集めである。日本語の情報も少なく、イベントや学校説明会も気づいたら終わっていることも多い。

これは、そんな学校を選ぶうえで役に立つであろう情報、サイトを、学校ごとにまとめていくシリーズ第27弾。今日は、ナンヤン・ビジネススクール。

WEBページを行ったり来たりする手間や、有用な情報を探す手間が省け、本来やらなければならないことに時間が使えるようになれば幸いだ。

また、ここのページに漏れており、役に立つ情報があれば、ドシドシコメント欄に共有してほしい。

南洋理工大学 (NTU)MBAを知る

基本情報

南洋理工大学((ナンヤン工科大学とも呼ばれる)、英語:Nanyang Technological University、略記:NTU)は、1991年に設置されたシンガポールにある国立大学の一つである。シンガポール国立大学とともにシンガポールで双璧をなす名門大学とされる。

NTUは毎年トップスクールにランク付けされており、QS世界大学ランキングにおいて、2018年は総合11位であり、イェール大学(16位)、プリンストン大(13位)など欧米の最上位校を凌ぐ超エリート校である(ちなみに、2018年の東京大学のランキングは28位)。

2017年に、それまで国内トップであったシンガポール国立大学(NUS、15位)を抜きアジア一位となった。

 

Nanyang MBA

ナンヤンビジネススクールのMBAプログラムである、Nanyang MBAは世界的に高い評価を受けており、Financial Times Global MBA Rankingにおいては、2009年の24位を筆頭に世界で上位に位置付けられている。2017年は24位であり、シンガポールの大学が運営するMBAプログラムとして最高位となっている

(wikiより抜粋)

にゃんこ先生
シンガポールでNUSと並ぶMBAがNTUだね。歴史は短いけど、NTUはダブルディグリーのプログラムに強い。早稲田とだけでなく、他にはアメリカトップ10、ヨーロッパトップ5の学校等とも連携している。
にゃんこ先生
早稲田とナンヤンのダブルディグリープログラムは、学費はほとんど同じで東京とシンガポールで学び、両方の学位が取れる。詳しくはこちら

 

にゃんこ先生
ちなみに、やはりMBAというと発祥の地アメリカか、イギリスの学校が強いよね。けど、もちろんアジアや他のヨーロッパにも良い学校はたくさんある。
にゃんこ先生
どこの国が自分に一番合っているのか?下記の記事も読んでじっくり考えてみては如何かな?

» MBA出願先はどう決める?英米以外のビジネススクールの意味を考える

 

ホームページ、公式ブログ

ホームページ

http://www.nbs.ntu.edu.sg/Programmes/Graduate/NanyangMBA/Pages/Home.aspx

 

公式ブログ

https://blogs.ntu.edu.sg/nbsgradstudies/category/nanyang-mba/

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/NTUNBSGrad/

 

クラスプロフィル

http://www.nbs.ntu.edu.sg/Programmes/Graduate/NanyangMBA/full-time-mba/Pages/Class-Profile.aspx

Class of 2019
学生数(2-year Full-time MBA)78名
プログラム期間12ヵ月
女性比率43%
留学生出身15ヵ国
平均GPA(又はレンジ)N/A
平均勤続年数/平均年齢5.2年/28歳
学費SGD 62,000 (約$45,000)
GMAT最低要件600
GRE平均スコアGMAT 600相当
TOEFL iBT/IELTS最低要件TOEFL 100 / IELTS 6.5
卒業3年後年収の平均値USD 132,288

 

にゃんこ先生
クラスプロファイルで入学の難易度やレベル感がだいたいわかる。キャリアサポートのページで主な就職先や給料の情報が乗っていることも多い。
にゃんこ先生
受験準備では、スコアが全てではないにせよ、定量的に測れるGMAT、TOEFLで高得点は稼ぎたいところ。スコアが高いと合格だけでなく、奨学金の可能性も高くなるので、私費は特にこだわりたいね。

 

にゃんこ先生
ちなみに、クラスプロファイルを見てわかるように、シンガポールのMBAの難易度はそんなに高くない。日本人はGMAT500点代、TOEFL80点代後半でも可能性はあるので、是非チャレンジしてほしい。平均を高めているのはインド人や中国人だよ。
にゃんこ先生
TOEFLの勉強法なら100点突破続出!TOEFLおすすめ参考書と勉強法完全MAPを、GMATならこちらを参考にしてね。

 

ナンヤン・ビジネススクール特集記事(日本語)

にゃんこ先生
シンガポールでMBAを取るメリットとして、①欧米と比べると学費・生活費が安い、②金融系の会社が集中していて金融へのキャリアチェンジが狙いやすいことなどがある。

 

日本人向けサイト

http://nanyang-mba.jp

にゃんこ先生
多くの海外MBAは日本人向けのアンオフィシャルサイトがある。学校の特色や合格体験記を目を通すと、どんな人がいるのか、どんなことに力を入れているのかがわかる。
にゃんこ先生
日本人向けサイトでは、学校説明会等のイベント情報も更新されるから、随時確認しておこう!

 

日本人留学ブログ一覧

にゃんこ先生
これで全てではないかもしれないけど、日本人の私費や社費の先輩たちが、趣味、自己満足、後輩たちのために受験準備・合格体験談をブログに書いてくれている。
にゃんこ先生
シンガポールの生活とか、どんな授業があるのかみたいな記事も、参考になる。軽く読むと授業とか海外生活のイメージがわくよ。
にゃんこ先生
他にも発見したら、ぜひコメント欄で共有してほしい!

 

学校説明会・イベント情報

大学院、MBAイベント情報

http://www.nbs.ntu.edu.sg/Programmes/Graduate/NanyangMBA/Pages/Events.aspx

にゃんこ先生
基本大学で学校説明会をやっているけど、最近はオンラインのイベントも多い。オンラインは交通費がかからないから、とりあえず出席しておこう。公式ページの他、日本人向けサイトもチェックしておこうね。

 

アジアMBA特集

にゃんこ先生
アジアのMBAなら、シンガポールも良いけど香港や中国もあり!興味があれば下記の学校もチェックしてみてね!

シンガポール

シンガポール国立大学(NUS)MBA

シンガポール経営大学(SMU)MBA

 

香港

Hong Kong University of Science and Technology

University of Hong Kong(HKU) 

香港中文大学ビジネススクール(CUHK)

 

中国

China Europe International Business School

 

日本

早稲田大学ビジネススクール(WBS)

一橋大学ビジネススクール(HUB)

 

学校選びおすすめ記事

にゃんこ先生
学校選びは将来の道を決める大切なステップ。ポイントを下記にまとめたので参考にしてみてね!

» どの大学院に出願すべき?「スコア別」悔いのない留学・学校選び

» 1年 or 2年? MBAの期間は短い方が良い?

 

にゃんこ先生
MBA学校紹介のコーナーでは、50校以上のMBAプログラムを紹介しているよ!色々と検討して、自分にあった学校を探してね!!

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。