The Lisbon MBAを知る【日本人ブログ+留学情報まとめ】

The Lisbon MBA
MBAイベント情報
情報収集中
ねこ君
ヨーロッパでMBAを取得となると、イギリスやスペインとかの学校が多いけど、他の国でも良い学校はないのかな?

にゃんこ先生
ポルトガルに興味ある?リスボンMBAは、Católica-LisbonとNova SBEという2つのビジネススクールが協賛して、2009年から開始した比較的新しい学校だ。

にゃんこ先生
まだ10周年の若い学校だけど、2018年度Financial TimesのグローバルMBAランキングでは、ヨーロッパ内で21位、世界では80位に選ばれた実績を持つ。

にゃんこ先生
このシリーズでは、海外MBAの情報をまとめていく。

にゃんこ先生
今日は、ザ・リスボンMBA特集!

海外留学や海外MBAを目指すうえで重要なのは学校選び。

しかし、海外の学校を選ぶうえで、一つ大変なのは情報集めである。日本語の情報も少なく、イベントや学校説明会も気づいたら終わっていることも多い。

これは、そんな学校を選ぶうえで役に立つであろう情報、サイトを、学校ごとにまとめていくシリーズ第56段。今日は、ザ・リスボンMBA。

WEBページを行ったり来たりする手間や、有用な情報を探す手間が省け、本来やらなければならないことに時間が使えるようになれば幸いだ。

また、ここのページに漏れており、役に立つ情報があれば、ドシドシコメント欄に共有してほしい。

The Lisbon MBAを知る

基本情報

ザ・リスボンMBAは Catholic University of PortugalとNOVAが協賛してできたビジネススクールだ。フルタイムの1年制MBAはMIT SloanのパートタイムMBAと提携している。

Catholic University of PortugalとNOVAはどちらもトリプルクラウン認定校だ。

(wikiより抜粋)

にゃんこ先生
フルタイムMBAの期間は1年間で学費は38,000ユーロ。MIT Sloan School of Managementと提携していてアメリカのマサチューセッツ州で授業を受けることもできる。
にゃんこ先生
ちなみに、リズボンはポルトガルの首都だよ。海の見えるめちゃ綺麗な立地だね。

 

にゃんこ先生
やはりMBAというと発祥の地アメリカか、イギリスの学校が強いよね。けど、もちろんアジアや他のヨーロッパにも良い学校はたくさんある。
にゃんこ先生
どこの国が自分に一番合っているのか?下記の記事も読んでじっくり考えてみては如何かな?

» 【決定版】MBAとは?米国MBA留学経験者が徹底解説!

 

ホームページ、公式ブログ

ホームページ

http://www.thelisbonmba.com/

 

公式Facebook

https://www.facebook.com/TheLisbonMBA

 

公式Blog

https://thelisbonmba.com/blog/

 

MBAクラスプロフィール

学生数(Full-time MBA)N/A
プログラム期間12か月
女性比率29%
留学生比率50%
平均GPA(又はレンジ)N/A
平均勤続年数/平均年齢8年/31歳
学費€38,000/年間
GMAT平均スコア(又はレンジ)N/A
GRE平均スコアN/A
TOEFL iBT/IELTS最低要件TOEFL 93 (各セクション21~)、IELTS 6.5 (各セクション6.0~)
直近卒業生年収の平均値(又は中間値)N/A

※TOEICスコアも認められる。最低要件:ReadingとListensing 950点以上、TOEIC Speaking190点以上 、Writing170点以上

にゃんこ先生
クラスプロファイルで入学の難易度やレベル感がだいたいわかる。キャリアサポートのページで主な就職先や給料の情報が乗っていることも多い。
にゃんこ先生
受験準備では、スコアが全てではないにせよ、定量的に測れるGMAT、TOEFLで高得点は稼ぎたいところ。スコアが高いと合格だけでなく、奨学金の可能性も高くなるので、私費は特にこだわりたいね。

 

にゃんこ先生
英語試験対策は留学準備のファーストステップ!独学思考の方は下記も参考にしてね!
ねこ君
講師から教えてもらったり、相談もしながら進められた方が安心だなぁ。。添削とかも必要だよね?
にゃんこ先生
プロの講師からより効率的に学びたい!という方には、TOEFL・IELTSの学習コースも提供しているよ!

 

なぜポルトガルで学ぶのか?

にゃんこ先生
他にも色々と選択肢がある中で、あえてポルトガルを選ぶ理由は何?人とは違った経験がしたい?日本には帰らず現地で就職したい?リズボンの特徴をいくつか上げておくね!

Lisbonはスタートアップの聖地

ポルトガルの首都であるリズボンは、テックのアクセレレーターやインキュベーターが集まり、起業を目指す若者の数が急速に伸びている。StartUp Voucher Initiativeは1年間に400名の起業家を支援し、彼らのビジネスの成長をサポートしている。

リズボンのMBAでも、学生は国一番のインキュベーターであるLisbonに入る機会もあり、無料のオフィススペースやアドバイスを得ることができる。

MBAの教授たちからのサポートだけでなく、同じようなマインドセットを持った同士との出会いや、投資を受ける機会もあり、リズボンはアントレプレナーとしてキャリアを作るステップとして最適だ。

 

生活費・学費は低め

ポルトガルの首都であるリズボンでの生活費は、ロンドンと比べるとほぼ半分ですみ、家賃や食費その他のコストが安く住む。学費も他のヨーロッパのスクールは50,000ユーロ以上はかかるのが普通だが、リズボンの学費は38,000ユーロのみとなる。

 

グローバルな環境

リズボンには国際的なネットワーキングをする環境が整っている。MITをはじめとするトップスクールとの交換留学で、国内外で学ぶことができる。

交換留学以外にも、International Labを通じ、ブラジル、中国、メキシコなどで実際のクライアントへのプロジェクトを行うプログラムもある。

エリートサラリーマンになるのではなく、少し尖った経験を持ち将来起業なども視野に入れているのであれば、リズボンは候補に入るだろう。

 

生活のクオリティ

ポルトガルは駐在員にとって生活のクオリティが高いと言われており、その安全性、健康、食べ物など多くの評価が高い。

リズボンは現地生徒約5割、International Studentは約5割のため、新しい人に出会い、現地や文化を知るためにも良い環境だ。

 

立地

学校だけでなく、リズボンは観光地としても有名だ。ローマのように街は丘の上に作られ、オーシャンビューが続く。ビーチやシーフード好きにはたまらない環境だろう。

1年の学習期間の間に、ビーチへ直結のNova Campus、ボストンのMIT、そしてリズボンの中心地にあるCatolica CampusでMBA生活をするのはどうだろう?

 

 

もっと情報収集したい方へ。ザ・リスボンMBA日本人向けの情報

日本人向けサイト

日本人向けサイトはありません

 

日本人ブログ一覧

  • 日本人ブログはありません

 

学校説明会・イベント情報

http://www.thelisbonmba.com/events/

にゃんこ先生
基本大学で学校説明会をやっているけど、最近はオンラインのイベントも多い。オンラインは交通費がかからないから、とりあえず出席しておこう。公式ページの他、日本人向けサイトもチェックしておこうね。
にゃんこ先生
英語の説明会は、できない自分を見つめ直して、再度頑張るモチベーションを高めることができるから、おすすめだよ。

 

YouTube動画

にゃんこ先生
YouTubeでリズボンMBAの動画がいろいろあるので、興味があれば探してみてね。学校生活をイメージしてモチベーションを高めよう!

The Lisbon MBA Videos

 

にゃんこ先生
最後に、当サイトでは海外大学・大学院進学のサポートやTOEFL・IELTS対策専門のオンラインコースも提供しているよ!!留学準備や出願でお悩みの方は、遠慮なく連絡してね!

 

にゃんこ先生
リズボンのTOEFL要求スコアは93、IELTSも6.5ぐらいで入れるので、アメリカやイギリスのトップスクールと比べると入りやすいMBA。ここでは、比較的入りやすいけど、人とは違った経験ができるMBAを紹介するね!
難易度低めのMBA特集

スペイン:

ESADE Business School

デンマーク:

Copenhagen Business School

ドイツ:

Frankfurt School of Finance & Management

イタリア:

SDA Bocconi

オランダ:

Rotterdam Erasmus

シンガポール:

シンガポール国立大学(NUS)

 

ねこ君
読んでくれてありがとう!!FacebookXのフォローもよろしくね!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。
にゃんこ先生
海外の大学・大学院進学に役に立つメールマガジンに登録しよう!おすすめ記事やイベント情報をいち早くお知らせするよ。

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です