マサチューセッツ工科大学 (MIT)を知る【留学情報まとめ+合格への道】

ねこ君
マサチューセッツ工科大学ってのがすごいらしい。理系で有名な大学なんだよね?
ねこ君
将来グローバルに活躍できるエンジニアになって起業したいんだけど、MITは遠いかな?偏差値どれぐらい?そもそもアメリカの大学受験はどう準備するべきなの?
にゃんこ先生
アメリカの大学進学は日本のシステムと異なり、試験(学力、英語)の他、エッセイやインタビューも必要になってくる。
にゃんこ先生
学力よりも総合力や人間力が重要になってくるんだ。でかい夢を持って、目標に向かって頑張る人・結果を出すが評価される。
にゃんこ先生
「MITに行きたい」というその目標・気持ちを持ち続けて欲しい。合格のために必要なことはここにまとめたよ。

 

科学・工学の分野で常に世界をリードし続けている「マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)」。

MIT(エム・アイ・ティー)という通称とともに、全米屈指のエリート名門校としてその名は広く知られています。また、ノーベル賞受賞者も長年に渡り数多く輩出しており、その功績も世界中で認知されています。

 

そんな名門「マサチューセッツ工科大学」は、マサチューセッツ州ケンブリッジに位置し、同じくケンブリッジ市にある「ハーバード大学(Harvard University)」とは、常にトップを争うライバル校でありながら、物理学や生物学などの共同研究組織を立ち上げるなどの交流も盛んに行われています。

全米のみならず、世界中からテクノロジーの分野において優秀な学生が集まる「マサチューセッツ工科大学」とは、一体どのような大学なのでしょうか。

今回のこちらの記事では、「マサチューセッツ工科大学」を目指す人にも、まだ志望校を決めていない人にも役に立つ幅広い基礎知識や特徴を紹介していくことで、その詳細に迫っていきます。

 

この記事の筆者Antieやや

タイ在住。語学力を生かし現地でボランティア活動を中心に毎日を過ごす。バンコクでインターナショナルスクールを卒業し、現在イギリスの大学で心理学とマーケティングを学ぶ息子あり。

マサチューセッツ工科大学(MIT)とは

基本情報

 

歴史

マサチューセッツ工科大学(通称MIT)は、アメリカの地質・物理学者「ウィリアム・バートン・ロジャース(William Burton Rogers)」が、新しい工科大学の創設を目指し、1861年に州からの認可を受けましたが、南北戦争のため実際の開校は1865年になりました。

当初、キャンパスはボストンにありましたが、ボストンでは開発ブームが起こり、不動産の高騰などによりMITは立ち退きを余儀なくされました。その後資金調達などの苦難は続きましたが、1909年、「リチャード・コバーン・マクローリン(Richard Cockburn Maclaurin)」が新学長に就任したことにより事態は収拾。その後1916年にケンブリッジに移設されました。

 

MITは、創設当初から現在のような輝かしい名声や評判があったわけではありません。多くの学生は、建設業者や熟練工、熟練エンジニアなどの社会人のための「職業訓練校」として認識され、人々から偏見の目で見られていました。

現在のケンブリッジに移設されてからは、当時、政治的、歴史的にも問題があったハーバード大学との対立は激しくなり、「MITは職業訓練学校」と侮辱する者も多くいました。

しかし、1980年代に入り、こういったイメージを覆すべく人文科学、建築・都市計画学、経営学などを設立し、20世紀に入ってからはさまざまな分野の教育、研究を提供する総合大学へと発展。現在は、卓越した理工系大学として世界中にその名を馳せています。

 

特徴

  • 学園都市にあるエリート名門校


MITはハーバード大学と同じケンブリッジにあり、チャールズ川沿いにキャンパスが広がっています。

ケンブリッジ/ボストン周辺には多くの大学が集まっており、アメリカ随一の学園都市となっています。またハーバード大学など、大学近郊にある大学間での学生や研究者同士の交流も盛んに行われています。

 

広大なキャンパス内には、有名な彫刻家による作品が置かれていたり、奇妙な建物があったりと観光名所にもなっています。

MITは、工学分野の最高峰として知られていますが、実は社会研究、統計学、ビジネス分野でも常に上位にランキング。また、全米屈指のエリート名門校の1つとされ、MITが公式発表したノーベル賞受賞者は95名(2019年現在)と多数輩出していることでも知られています。

 

  • UROP


The Undergraduate Research Opportunities Program (UROP)は、MITが世界で初めて実施したユニークなプログラムであり、学部生は2年生(Sophomores)から参加することができます。

これは、教授が手掛ける研究プロジェクトに参加をし、実際に実験や実習を通じながら、世界最先端の研究に触れることができるプログラムとなっています。UROPに参加することで、さまざまな機会が与えられ、実践的な力を身につけることができます。

 

MITでは、学生同士はもちろん、教授とのディスカッションが日常的に行われています。「いかにクリエイティブであるか」「どうすれば実現できるのか」など、常にアンテナを張り巡らせているようなモチベーションの高い学生が多く、革新的な発送が日々生まれている。それがMITといえるでしょう。

工学/理学に強いことから男子学生が多いイメージですが、学部生の男女の比率は51:45(2019年度)とほぼ半々となっています。

 

学部

MITには、大きく分けて5つのスクールと1つのカレッジがあります。

それぞれのスクールには、数多くの専攻が用意されており、その中から自分が学びたい専攻を選択することができます。

多くの学部生は2年生(Sophomores)になると、MITの特徴の1つでもあるThe Undergraduate Research Opportunities Program(UROP)という研究プログラムに参加しています。

 

世界ランキング

  • タイムス・ハイヤー・エデュケーション 世界ランキング2019-2020
世界ランキング大学名
1オックスフォード大学イギリス
2カリフォルニア工科大学アメリカ
3ケンブリッジ大学イギリス
4スタンフォード大学アメリカ
5マサチューセッツ工科大学アメリカ

※ 6位以下の大学ランキングについては「The Times Higher Education World University Ranking 2020」を参照

 

  • タイムス・ハイヤー・エデュケーション

学部別(エンジニアリング/テクノロジー)世界ランキング2019-2020

世界ランキング大学名
=1カリフォルニア工科大学アメリカ
=1スタンフォード大学アメリカ
=3ケンブリッジ大学イギリス
=3ハーバード大学アメリカ
5オックスフォード大学イギリス
6マサチューセッツ工科大学アメリカ
7プリンストン大学アメリカ

※ 8位以下の学部別(エンジニアリング/テクノロジー)大学ランキングについては

「The Times Higher Education World University Ranking 2020 by subject : engineering and technology」を参照

 

大学全体、学部別(エンジニア/テクノロジー)ともに、毎年発表される世界ランキングでは常に上位にランクイン。名声、実力共にトップに君臨する名門大学の1つです。

 

にゃんこ先生
MITのビジネススクール(MIT Sloan School of Management)に関して、学費や入学条件を別途まとめたので、MBAに興味のある人は下記を確認してみてね!

» MIT (Sloan) MBAを知る 日本人ブログ+留学情報まとめ

 

学費

Budget Item2019-2010 Academic Year
Tuition                                                 $53,450
Student Life Fee                                                 $340
Housing                                                 $10,430
Meals                                                 $5,960
Books & Supplies                                                 $820
Personal Expenses                                                 $2,160
Total$73,160 (8,016,861)※201912月レート

MITでは、最高の教育環境と研究所を提供するために、実際には年間授業料の2倍の運営費用がかかっていると語っています。

その理由が、全ての学生がそれぞれの分野のリーダーである教授/研究者、ノーベル賞級の発見/発明者などからの声を直接聴く機会があり、創造的討論や実験の実演を伴った講演を体感できること。さらに研究施設も充実しており、すばらしい環境のもとで幅広い知識と経験を得ることができからです。

そのため、MITは授業料に見合った以上の価値を提供している、という自信があり、それはこれだけの学費を支払うだけの価値がある、ということなのでしょう。

 

また、MITでも奨学金制度を設けており、日本人の留学生でも申し込むことが可能です。

アメリカの大学のファイナンシャル・エイドを受けるためには、FASAS(Free Application for Federal Student Aid) または、CSS Profile(College Scholarship Service Profile)申請する必要があります。

留学生はFASAS(連邦政府の奨学金制度)の援助を受ける資格がないため、CSSプロファイルを作成する必要があります。CSSプロファイルとは、College Boardが提供する奨学金の申請システムのことです。

 

申請方法はまず、College Board – CSS(Colleage Scholarship Service)ページで自分専用のアカウントを作成し、必要事項を入力、さらに以下の必要書類を提出します。

1 CSSプロファイル
2 親の収入証明書
3 両親が離婚している場合は、親権のない親のプロファイル

CSSを通しての奨学金申請についてのさらなる詳細は、MITウェブサイトの ” How to Apply for Aid “を参考にしてください。

留学生もアメリカの学生と同じ条件で申請できますが、多くの学生が求める奨学金。実際に申請が通るチャンスは低いかもしれない、というのも事実。

が、せっかく奨学金をもらえるチャンスなので、ぜひ申請をしておきましょう。またCSSの奨学金制度だけではなく、日本の公共機関で運営されている奨学金にも目を通してみるのもいいと思います。

 

にゃんこ先生
下記では日本人向けの給付奨学金をまとめているよ!

 

奨学金の例:

日本学生支援構/JASSO

  • 生活費:月59,000〜118,000円(4年間)
  • 授業料:上限2,500,000円
  • 人数:45人
  • 募集時期:11月上旬

 

一般財団法人柳井正財団

1名に対し年間US$70,000を上限とし、授業料、寮費、保険料等、就学のために大学から請求される費用および生活支援金(上限US$15,000)を支給。

  • 生活費:上限US$15,000
  • 授業料:上限US$70,000
  • 人数:20人
  • 募集時期:毎年1月中旬から2月上旬

 

中島記念国際交流財団

  • 奨学金: 月20万円
  • 支度金:50万円(往路渡航費含む)
  • 復路航空賃:留学終了後の帰国時1回分
  • 授業料:留学当初の2年間に限り年間300万円以内
  • 人数:約10名
  • 募集時期:8月上旬
にゃんこ先生
基本スタンフォードやハーバード、MITに合格してる人は、この辺りの奨学金はかなり高確率で得られるじゃないかな。
ねこ君
まじか!とりあえず受かればお金はなんとかなるのか!?

 

著名な卒業生

数多くのノーベル賞受賞者や開発者、起業家などを多く輩出しているMIT。その活躍ぶりは大学を評価する際の指標にもなります。

また、各業界で大きな功績を残し有名になった著名人を多く輩出しているため大学の注目度も高く、多くの優秀な学生が入学を志望します。

それでは各界で活躍している卒業生をピックアップして、その経歴をみていきましょう。

 

コフィー・アナン

ガーナ共和国、アシャンティ州クマシ出身。第7代国連連合事務総長を、1997年1月から2006年12月まで務めました。国連事務総長在任中の2001年にはノーベル平和賞を受賞。また、2004年には、国連の事務総長として初めて来日をし、第125代天皇(現・上皇)と会談されました。

 

バズ・オルドリン

ウェストポイント陸軍士官学校卒業後、空軍少尉に任官し戦闘機のパイロットとして朝鮮戦争に従軍。期間後は軍を一時離れ、MITに入学、1963年に宇宙航空法で博士号を取得しました。そして空軍に戻り、空軍基地射撃教官や空軍士官学校の教官を歴任。

その後、ジェミニ計画実施部に配属され、1966年11月にジェミニ12号の操縦を担当、また、アポロ計画に飛行士として搭乗し、アポロ11号の月着陸船パイロットとして人類初の月面着陸に貢献し、月面歩行をした試乗番目の人物として世にその名を広げました。

 

遠藤謙

骨肉腫を患った高校の後輩が足を切断することになったことをきっかけに、義足開発の道へ進むことを決意。慶応義塾大学の博士課程を中退しMITへ留学、博士候補製としてバイオメカニクス・ロボット義足の研究を開始しました。

在学中は、発展途上国に出向いて実際に義足を制作する活動を行うなど、さまざまな活動に取り組みました。留学生活は厳しくストレスによる突発性難聴になるなど苦労もありましたが、2012年に博士号を取得。

現在は、ロポットや義足を専門とする日本人研究者として、ソニー・コンピューターサイエンス研究所アソシエイトリサーチャー、株式会社Xiborg代表取締役を務め、ロボット義足、途上国用義足、競技用義足の開発に取り組んでいます。

 

その他にも、日本人を含む多くの著名人が活躍しています。詳細はこちらをご覧ください。

 

MITの受験を決めたら準備すべきこと

MITへの受験対策は、早ければ早いに越したことはありません。1年前に受験を決めた、では正直手遅れ。高校生活を過ごす上で、どんな準備を始めた方がいいのかをみていきましょう。

 

高校で優秀な成績をキープ

日本の大学では、一般入試というと大半がペーパー入試による1発勝負での合否となりますが、MITでは他のアメリカの大学同様、高校での成績(GPA)や先生方の推薦状、エッセイ、面接、その他ボランティアなどの課外活動をまとめて提出し、それらを総合的に考査し合否の判断がされます。

そのため、成績さえよかったら合格、というわけにはいきませんが、MITを含むアメリカの名門大学への出願には、世界中から出願してくる優秀な学生との競争に勝つためにも、高校で優秀な成績を収めていると証明することが必要。

全ての教科において、優秀な成績を収められるよう努力を続けましょう。

 

高いレベルのクラスでの単位を取得

アメリカの高校、またはインターナショナルスクールでは、学年別ではなく各教科の学力別にクラス分けをし授業が行われるため、同級生全てと同じ授業を受けるとは限りません。

もし、自分の通う高校でこういったレベル別の授業が行われている場合には、高校2年生までは基礎学力を確立し、それをMIT受験に向けてさらに実践力へと伸ばしていくことを目標に、まずは高いレベルのクラスで自分のレベルに合わせた最適な授業を受けられるよう努力しましょう。

 

受験生本人に、MITへ入学する!といった目標がしっかりとあるのであれば、こういった難易度の高いクラスは、目標達成への大切な一歩に。

実際、こういった高いレベルのクラスで単位を取得したということは、MIT出願の際には、評価されるべき1つのポイントになります。

 

APコースを受講

また、学校によりAP(Advanced Placement)コースを選択できる場合には、ぜひ受講したいもの。

APコースでは大学レベルの授業を受けることができ、またコースの最後に受験するテストのスコアは大学進学の際、一般教養の単位としてカウントされるシステムもあります。

MITは数学や科学といった分野で世界トップクラスの大学。ここではぜひ、こういった科目を受講したいもの。これらのテストスコアを提出することもまた、評価されるポイントとなります。

 

にゃんこ先生
APテストの受け方については、こちらの記事で詳細を解説しているよ!

 

ボランティアなどの課外活動に積極的に参加

ボランティアなどの課外活動は、MITが掲げている「Holistic Admissions」と呼ばれる入学審査基準において、重要なポイントとなります。

Holistic Admissionsは、学校の成績やテストのスコアだけではなく人間性も重視。高校生活をどのように過ごし、どのように成長してきたのかを全体的に評価することで将来性を見極めます。

 

中でも協調性、コミュニケーション力、問題解決力、時間管理力、リーダーシップを備えた学生は評価され、高校生活ではこれらの力を養う多くの機会を見つけたいもの。

多くのことに参加する必要はありません。自分の興味のあること、または得意とするものに集中し、大きな成果を残すことが大切です。

 

MITが求める人物像とは

“ 科学技術やテクノロジー、その他の学問分野の知識を深め、21世紀の世界に大きく貢献できる学生を教育すること。

MITのコミュニティのメンバーとして、人類の向上のために賢明に、創造的に、そして効果的に大きな成果をあげられるような知能と情熱を育てるために、先端的な研究、教育の拠点を提供することを目指す ”

これはMITが掲げているミッションです。

 

そしてMITでは、成績優秀はもちろん、個性のある学生、論理性、コミュニケーション能力の高さ、リーダーシップ力、協調性、社会貢献実績、そして将来有望な学生を求めています。

世界のトップ名門大学の1つでもあるMITに入学するためには、高校の成績やテストスコアの他に厳しい書類審査があります。

2019年は、21,312名の出願者に対して入学者は1,427名、合格率はなんと6.7%。世界中から集まる、合格勝算の高い優秀な出願者とのレベルの高い競争となります。

 

余談ではありますが、アメリカでは偏差値という概念はなく、合格率で難易度を表します。

MITの合格率6.7%は倍率でいうと15倍。例えば、東京大学や早稲田・慶応等の偏差値は大体65~70ぐらい。偏差値70の早稲田政経の倍率は12~3倍なので、MITの難易度の高さが伺えます。

MITが求める人物像を理解し、出願の準備を進めましょう。

 

MITへの出願方法

ハーバード大学やスタンフォード大学などの名門大学を含めたほとんどのアメリカの大学へは、コモンアプリケーションなどの共通願書を通じて出願をしますが、MITでは大学へ直接出願します。

それでは、そのステップを1つずつ確認していきましょう。

 

Step 1: MyMIT Accountを作成する

まずは、MITのウェブサイトの「MyMIT」のページで自分の専用のアカウントを作成します。

ここでは出願時に必要な書類の提出はもちろん、月ごとに配信されるニュースレター、インタビューのスケジュールや書類提出の期限など、大学からの連絡事項を受け取ることができます。

 

Step 2: アプリケーションの必要事項を記入 

MITのアプリケーションは、Part 1Part 2に分かれています。

Part 1

Part1では、主に出願者の基本情報を入力するページとなります。

  • Profile
    名前、住所などのプロファイル情報
  • Family
    家族構成、親の学歴や職業など
  • Education
    高校の名称など

その他、必要事項全てを入力し出願をし、出願料$75を支払います。

 

Part 2

Part 2では、エッセイや課外活動、成績、テストスコアなど、出願者の情報をより詳細に入力します。

  • Essay

日本でエッセイと聞くと、「お題に対する小論文」という意味で捉える人が多いと思いますが、アメリカの大学入試におけるエッセイとは、「自己紹介文」という意味を強く持っています。

成績結果や推薦状などからの情報だけではなく、その人物が持つ資質や考え方、多面的な能力を総合的に評価するために、エッセイを課しているのです。そのため説得力のあるエッセイを書くことが重要です。

 

さらにMITでは、学生のカラーと大学のポリシーがマッチしているかを見分ける意味で、エッセイを重要視。自分が今まで経験してきたことが、MITのコミュニティに何をもたらすかについてもアピールする必要があります。

MITに出願するエッセイは、5つの質問で構成。それぞれの回答から受験者の「人物像」を探ろうとします。

ただしこれは筆記テストではありません。そのため、自分の言葉で正直に自分という人物がどういうものなのかを伝える工夫をすることが大切です。完璧な見栄えのいいエッセイを書く必要はないのです。

 

それでは、MITが出題した(2019-2020)エッセイの質問をみてみましょう。

#1 We know you lead a busy life, full of activities, many of which are required of you. Tell us about something you do simply for the pleasure of it. (100 words or fewer)

#2 Although you may not yet know what you want to major in, which department or program at MIT appeals to you and why? (100 words or fewer)

#3 At MIT, we bring people together to better the lives of others. MIT students work to improve their communities in different ways, from tackling the world’s biggest challenges to being a good friend. Describe one way in which you have contributed to your community, whether in your family, the classroom, your neighborhood, etc.
(200-250 words)

#4 Describe the world you come from; for example, your family, clubs, school, community, city, or town. How has that world shaped your dreams and aspirations?
(200-250 words)

#5 Tell us about the most significant challenge you’ve faced or something important that didn’t go according to plan. How did you manage the situation?
(200-250 words)

さらには質問以外のことで、アドミッションオフィサーに伝えたい何かを記入できる項目も用意されています。自分という人間を最大限に理解してもらえるようにしましょう。

 

にゃんこ先生
エッセイの書き方のポイントは下記の記事で解説しているよ!

» 参考:アメリカ大学留学に欠かせないパーソナルエッセイ、10つのヒント

» 参考:海外大学院出願のエッセイとは?情報収集・構成から書き方まで

 

  • Activities

参加したボランティアなどの課外活動を記入します。ここでのフォームでは4つの活動記録のみを記入することができるため、自分にとって最も意味のある4つを選択しそれらについて伝えるようにします。

 

  • Self-reported Coursework Form

高いレベルのクラスでの単位取得(APクラスを含む)、獲得した賞、テストスコア、高校で受講した全てのクラスの成績などを自己報告します。

 

Step 3: 高校の成績とテストスコアを提出する

アプリケーションPart2での自己申告の他に、成績は高校からの公式の成績証明書、テストスコアは、テストを運営する機関から直接公式スコアを送るように手続きをします。

MITが留学生に提出を求めているテストスコアは以下の通りです。

  1. SATまたはACT
  2. Math SAT Subject Test (Math Level 1またはLevel 2)
  3. Science SAT Subject Test (Biology, Chemistry, Physicsの中から1教科)
  4. TOEFL: 必須ではないが、ノンネイティブの受験生はTOEFLスコアの提出を強く薦める。

テストスコアの詳細については、MITのウェブサイト の「Test & scores」を参考にしてください。

 

にゃんこ先生
SATやTOEFLの勉強法は下記の記事を読んでみてね!

»【保存版】ゼロから始める新SATテスト®試験概要と対策完全ガイド

» 【保存版】100点突破続出!TOEFLおすすめ参考書と勉強法完全MAP

 

Step 4: 推薦状 (Evaluation)

MITは、2通の推薦状(数学/科学の教師1人、人文・社会科学または外国語の教師1人)が必要で、学校/カウンセラーからの出願書類(成績証明書、学校のプロフィール、推薦状等)の提出を求めています。

推薦状の提出は全てオンラインで行いますが、出願用のアカウント「MyMIT」とは別のアカウントを作成する必要があります。

 

このアカウントは、「ApplyWithUs」のページで作成することができます。

このページの中の「Evaluations section」で、推薦状をお願いしたい先生方の名前とEメールアドレスを入力し送信すると、ここから直接先生方に推薦状作成の方法等のEメールが届きます。

 

推薦状は、出願者がどのように客観的に評価されているのかを示す文書です。そのため、作成を依頼する際には、自分のことをよく理解してくれている先生方に書いていただくことが大切。

留学の動機や将来やりたいことなどを伝え、自分のプロフィールやクラブやボランティア活動、委員会での役割など、先生方が推薦状を書きやすいようできるだけ情報を提供するようにしましょう。

できるだけ具体的に「あなたのよいところ」を評価していただくのが理想です。

» 参考:海外大学・大学院留学に必要な推薦状 作成依頼から提出まで

 

Step 5: インタビュー

MITのアプリケーション(Part 1とPart 2)を提出し終わると、インタビューを担当するEducational Counselor(EC)からEメールが届きます。

ほとんどの場合Early Actionの出願者は11月、Regular Actionの出願者は1月に行われますが、 万が一、MITからインタビューの連絡が来ない場合はインタビューが免除されます。

インタビューは、MITの卒業生により近くのカフェや図書館などで行われますが、場合によってはSkypeで行わるケースもあります。通常インタビューは、30分から2時間の範囲で行われます。

 

インタビューに臨む前には、尋ねられる可能性のあるいくつかの質問を予想。

インタビューの経験のある先輩や友人に様子を聞いてみるのもいいと思います。とはいえ、どんなことを尋ねてくるかは未知の世界。あまり緊張せず、ありのままの自分をアピールするようにしてください。

アメリカの大学の面接で、最も一般的と言われている「こちら」の質問を参考にしてみてください。

 

にゃんこ先生
一般的なアメリカの大学への出願方法は下記の記事も参考になるよ!

» アメリカ大学留学!出願準備のプロセスを徹底解説

 

アプリケーションスケジュール

MITでは、Early Action/Early Decision(EA/ED)またはRegular Action(RA)での出願を受け付けています。それぞれのスケジュールは以下の通りです。

Early ActionRegular Action
Part1: Biographical informationNovember 1January 1
Part2: Essay,activities, academicsNovember 1January 1
Evaluation A: Math Science teacherNovember 1January 1
Evaluation B: Humanities teacherNovember 1January 1
High school transcriptNovember 1January 1
Standardised testsNovember testing dateDecember testing date
February updates (midyear grades)February 15February 15

 

アプリケーションリスト

以下は、MITアプリケーションのチェックリストです。再度リストをチェックし、全ての書類が揃っているか確認をしましょう。

  1. Part1とPart2の申請書
  2. 推薦状 A: 数学または科学の教師
  3. 推薦状 B: 人文・社会科学または外国語の教師
  4. インタビューのスケジュール
  5. SATまたはACTのテストスコア
  6. 2教科のSAT Subjectのテストスコア
  7. 高校3年、1学期の成績証明書
  8. 出願料$75

 

なるほど!MITの魅力を深堀りして紹介

MITは、理工系の大学として世界最高峰とも言われています。

そしてこの大学には単に勉強ができるだけではなく、さまざまなチャレンジをしイノベーションを起こすような学生が、全米のみならず世界中から集結。

 

また、世界最先端の知識と技術が備われた環境では、学生は意欲的に勉学、研究に取り組むことができます。

勉強ができるだけの学生が集まる大学ではない、ユニークなMITの魅力をいくつか紹介していきます。

 

1)「海賊」の認定を受けることができる

MITの学部生は、卒業までに体育の単位を4つ取得することが義務つけられています。

いくつかある体育のクラスで、アーチェリー、フェンシング、ピストルまたはライフル、セーリングのクラスを終了すると「海賊」の認定を受けることができます。

ただし、エンターテイメントを目的とした認定書であり、海賊行為に従事するためのライセンスを付与するものではありません。

 

2)OpenCourseWare(オープンコースウェア)にアクセスできる

OpenCourseWare通称OCWとは、大学や大学院で提供された講義動画や関連情報を、無償で公開する活動のことを指します。MITが世界初のOCWサイトを立ち上げ、その後世界中の大学にその活動が広がっています。

MITのOCWでは、講義はもちろん、課題、テスト、講義概要など全てが無料で閲覧できます。

このOCWを利用することで、大学側がどんな教育を展開しているのか、どのレベルが求められているかなどのヒントを得ることができるため、MITに出願希望の学生はぜひ利用してみるといいと思います。

 

3)さまざまなサポートがあるから安心の学生寮

広大な敷地の中には、それぞれ特徴のある10つの学生寮(Hall)があり、学部生はこの中から自分にあった寮を選ぶことができます。MITの寮では上級生と共に生活を送ります。

また、寮のスタッフも居住しており、日常の寮生活、授業または課外活動などについて相談があれば経験を元にアドバイスをするなど、寮生の生活をサポートしてくれます。

寮で生活を送りながら、学生同士が互いに研究や開発について語り合い、理解を深めることでMITというコミュニティの一員としての自覚が育ちます。

 

最後に

世界で高い教育水準を誇るMIT。研究プロジェクトに参加する実践的な教育など、学生に多くのチャンスを提供している大学です。

入学の難易度を考えると、そのハードルはけっして低くはありません。しかしその分、常識を超えたユニークな発想を持つ学生が多く集まり、異なる文化や価値観を持つ学生たちと切磋琢磨できるグローバルな環境が提供されています。

受験の準備は早めに、そして日頃の積み重ねが大切。進学先としてMITを検討してみてはいかがでしょうか。

 

世界の名門大学シリーズ

» ハーバード大学

» スタンフォード大学

» オックスフォード大学、ケンブリッジ大学

 

ねこ君
この記事が気に入ったら「👍いいね」ちょうだい!ありがとう!!
にゃんこ先生
質問、要望、ツッコミ、おすすめ勉強法、なんでも遠慮せずにコメントしてね。閲覧者同士でのコミュニケーションも大歓迎だよ。
ねこ君
にゃんこ先生をTwitterでフォローしよう!!英語学習・留学に役立つ情報が満載だ!!
   

コメントを残す

名前、メールアドレスの入力は任意です。メールアドレスが公開されることはありません。